漫画

飯テロ注意!料理・グルメ漫画まとめ!

更新日:

グルメ漫画

実際に読んだ料理・グルメ漫画を星で評価してみました。
料理・グルメ漫画を選ぶ際の参考にしてもらえばと思います。

新しく読んだら随時更新していこうと思います。

実際に読んだ料理・グルメ漫画一覧

異世界居酒屋「のぶ」(連載中)

異世界の古都アイテーリアに繋がった居酒屋「のぶ」。見たことのないの居酒屋料理の美味しさに惹かれ集まる住民たちの物語。

出版社KADOKAWA
作者ヴァージニア二等兵
カテゴリ少年漫画
タグ異世界,居酒屋,グルメ
食べたくなる料理したくなる
笑えるほのぼの
泣ける現実感
食べる方々は違う世界の人だけど、
作られて出て来る料理はお馴染みの物ばかり。
そのせいか「そうそう!それそれ!その食べ物はそこが良い!」と思わず相槌を打ちながら読んでしまう。
異世界人だからこその料理のネーミングにちょっと笑える、非日常のほのぼのストーリー。

きのう何食べた?(連載中)

筧史朗(弁護士)と矢吹賢二(美容師)の「食生活」をめぐる物語。

出版社講談社
作者よしながふみ
カテゴリ青年漫画
タググルメ
食べたくなる料理したくなる
笑えるほのぼの
泣ける現実感
料理も気になるが、背景の主人公の私生活の方が気になる。
だが、料理は主人公の思考と言う形で事細かく公開されていて、料理した事のない人でもこの漫画が手元にあれば上手く作れそう。
ちょっと全てがリアルに描かれている、レシピ漫画。

食戟のソーマ(連載中)

実家が下町の定食屋を営む中学生・幸平創真。目標である料理人の父を越える為、創真は修業の毎日を送っていた。しかし突然、父から料理学校への編入話を告げられ。

出版社集英社
作者附田祐斗,佐伯俊
カテゴリ少年漫画
タグ料理バトル,グルメ
食べたくなる料理したくなる
笑えるほのぼの
泣ける現実感
あらゆる種類の料理が出てくる。
知識はもちろんつくが、味の想像がつかない料理や奇想天外な物も多いが、一般家庭で作れそうなものはレシピもある。
激しい料理対決が好きな方にはオススメの漫画

給食の時間です。(完結)

友達はできない佐野くんと転校生の岩谷さんを中心にクラスの児童たちが「給食」を通じて触れあっていく。

出版社小学館
作者飯田
カテゴリ少年漫画
タグ小学校,給食,グルメ
食べたくなる料理したくなる
笑えるほのぼの
泣ける現実感
誰もが一度は経験ある給食の時間。
特に思い入れがある訳でもない人も、あぁこんなメニューだったなぁと懐かしくなる。
そして、やたらと食べたくなる。
自分の青春時代と重ねながら、ほのぼのと読む漫画。

ほおばれ!草食女子(完結)

今日も無職だ、雑草がうまい!! 野草グルメ漫画。

出版社芳文社
作者あらたまい
カテゴリ青年漫画
タググルメ
食べたくなる料理したくなる
笑えるほのぼの
泣ける現実感
我々が草食女子で思い浮かぶような、野菜好きの女子ではないです。
そう、タイトル通り、草を食べる女子達!野草食女子!
草をみて、普段は食べ物と認識する事はないですが、これを読むとちょっと意識してしまう。
なんだかちょっと試しで食べたくなってしまう漫画です。

漫画家接待ごはん(連載中)

漫画家と編集者が打合せと称して美味しいごはんを食べに行く。今回もまた仕事を引き受けてしまうのか。

出版社KADOKAWA/角川書店
作者瀬口たかひろ
カテゴリ青年漫画
タグ漫画家,グルメ
食べたくなる料理したくなる
笑えるほのぼの
泣ける現実感
接待、おもてなし、つまり厳選された美味しいものが沢山出てくる。
やけにリアルと思えば、本当にある店ばかりらしく、福岡と東京近辺の方には特にオススメ。
作り方や料理の詳しい事は抽象的なので、グルメ漫画をざっと読みたい時にはいいと思う。

花のズボラ飯(連載中)

『孤独のグルメ』の久住昌之が原作。今日も自分のためだけの美味しいズボラご飯作り!

出版社秋田書店
作者久住昌之,水沢悦子
カテゴリ青年漫画
タググルメ,マンガ大賞,ほのぼの
食べたくなる料理したくなる
笑えるほのぼの
泣ける現実感
ズボラなんて聞くと、あんまり良いイメージがないが、楽して美味しい物を食べる主人公を見ていると、いいなぁと思えてくる。
美味しそうに食べるのも良いし、合間に入るノリツッコミも楽しい。
家にあるものだけで作れそうなレシピもなかなか魅力的。
食欲や元気が出ないときに、読んで欲しいオススメ漫画。

あたりのキッチン!(連載中)

一度食べただけでレシピまで言い当てる大学生・清美。極度のコミュ障だが、定食屋「阿吽」でアルバイトを始めるが。。

出版社講談社
作者白乃雪
カテゴリ青年漫画
タググルメ
食べたくなる料理したくなる
笑えるほのぼの
泣ける現実感
料理にインパクトなどはないが、違和感なくずっと読み続けられそうな漫画。
料理に対する知識や、感謝などを思い出させてくれるストーリー。
出てくる登場人物も魅力的で、料理中心の漫画だけど、料理をグイグイ押し付けて来ない感じが好評価。

ごほうびごはん(連載中)

社会人1年目の池田咲子の生きがいは、週に一度ちょっぴりだけ贅沢なご飯と食べること。

出版社芳文社
作者こもとも子
カテゴリ青年漫画
タググルメ
食べたくなる料理したくなる
笑えるほのぼの
泣ける現実感
高くて美味しいご馳走ではなく、普通のご飯プラスαな感じのご馳走。
なので、よし!真似しちゃおう!と今日思いついたら明日には出来るレベルなのが良い。
レシピはあまり載っていないが、それでも真似出来るくらいの贅沢だと思う。
1話が短いので通勤時間や待ち時間にもオススメできる。

トリコ(完結)

美食が流行となっている「グルメ時代」。美食家のトリコが世界中の未知の食材を求めで冒険するグルメバトル漫画。

出版社集英社
作者島袋光年
カテゴリ少年漫画
タググルメ,バドル
食べたくなる料理したくなる
笑えるほのぼの
泣ける現実感
ありとあらゆるものが非日常、非現実的で、料理と言うより食材のバトル漫画。
どんな味なのか想像もつかない物のオンパレードなので、そう言うのが好きな方はかなり面白く読めると思います。

八雲さんは餌づけがしたい。

アパートにひとり暮らしする未亡人・八雲柊子(やくもしゅうこ)が隣に住む高校球児・大和翔平(やまとしょうへい)に晩御飯を振る舞う物語。

出版社スクウェア・エニックス
作者里見U
カテゴリ青年漫画
タググルメ
食べたくなる料理したくなる
笑えるほのぼの
泣ける現実感
普通の料理で、人間関係がちょっと変わったストーリー。
特にレシピなどもないので、詰まらずさらっとすぐ読めます。
ボリューム満点の料理を、さらっと食べる登場人物に、読んでいるこちらも嬉しくなります。

ひなこ大福

和菓子屋の若女将・陽名子が嫁いだ先は、明治時代から続く老舗の和菓子屋。和菓子とお客様たちのふれあいを描く。

出版社秋田書店
作者かねもりあやみ
カテゴリ女性漫画
タググルメ
食べたくなる料理したくなる
笑えるほのぼの
泣ける現実感
料理というか、菓子の話。
家族の暖かい話が多いので、読み終わって少し幸せな気分になる。
甘いものを普段食べない人は、少し食べてみようかなと思ってしまうかも。

おとりよせ王子 飯田好実(完結)

ノー残業デーの毎週水曜日。誰もよりも一目散に帰る会社員・飯田好美。早く帰宅する理由は、大好きなお取り寄せグルメの宅配に間に合うためだった。

出版社徳間書店
作者高瀬志帆
カテゴリ青年漫画
タググルメ
食べたくなる料理したくなる
笑えるほのぼの
泣ける現実感
これは!かなり現実的で身近に感じれるものばかり!
出てくるものは、実際の地域の名産品が多く、全てお取り寄せ可能なものばかり。
主人公の外と家のテンションの違いに若干おされつつあるが、さながらお取り寄せのガイドブックを読んでいるような気分に。
身近にあるからこそ、食べたくなり、ネットで検索しそうになる。

だがしかし(連載中)

駄菓子屋の息子・ココノツと駄菓子マニアの美少女・ほたるが繰り広げる駄菓子ストーリー。

出版社小学館
作者コトヤマ
カテゴリ少年漫画
タググルメ,ギャグ
食べたくなる料理したくなる
笑えるほのぼの
泣ける現実感
懐かしい駄菓子と軽いノリツッコミが特徴の漫画。
一話は短いが、文字数が多いので、サラッとは読みにくい。
ダジャレなどのノリが好きな人にはオススメだと思う。

まとめ

料理・グルメ漫画紹介、いかがでしたでしょうか。
最近は一口に料理・グルメ漫画といっても、多種多様の漫画があるので◯◯系の料理・グルメ漫画と言わないとどういうタイプの漫画かわからない感じになっていますね(笑)

■漫画おすすめ記事

-漫画
-

Copyright© カリルノ , 2018 All Rights Reserved.