ピッと気になるコトとモノをご紹介「カリルノ」

ガジェット

本格的な水中撮影にはアクションカメラ「GoPro」が絶対オススメ!

投稿日:2016-06-25 更新日:

本格的な水中撮影にはアクションカメラ「GoPro」が絶対オススメ!

最近はスキューバーダイビングやシュノーケルの水中撮影でGoProを使用している方も多くなってきています。

以前は水中撮影をしようと思うと大型で高価な撮影機材を使用しなければいけませんでしたが、GoProなどのアクションカメラを使えば、企画的安価に撮影が可能です。

そんな、アウトドアなどで活躍するアクションカメラの代表格「GoPro」をご紹介したいと思います。

GoProはレンタルショップで取り扱いもありますので、一度気軽に借りてみましょう。

関連 アクションカメラ「GoPro」のおすすめレンタルショップ3選!
関連 防水・水中カメラのレンタル店おすすめ4選!海で写真を撮ろう!
関連 ドローンのおすすめレンタルショップ5選!空撮をリーズナブルな価格で!

アクションカメラ「GoPro」とは?

アクションカメラとは様々なアクティビティを大迫力の高画質映像で残すことに特化したカメラのことをいいます。

まずはどのような映像が取れるのか、公式サイトにアップされている動画を見てみましょう。
映像をみるとたぶん欲しくなっちゃいます。

もちろん他のアクティビティでも使用できます。

ご覧頂いてわかるように、動きのあるスポーツには最適ですね。
ドローンにつけて空撮に使用するなど用途は多彩です。

GoProと防水カメラの比較

GoProのメリット

  • 超高画質の動画撮影ができる
  • 広い範囲を撮影できる
  • インターバル撮影ができる
    ※決まった時間間隔で写真を撮ることができる機能
  • 小さくて軽い
  • マウントの種類が豊富
    ※GoProを様々な場所に取り付けるためのオプション品のこと。

GoProのデメリット

  • ズーム機能がない
  • バッテリーの持ちが悪い
  • そこそこ高価(マウント含め)

GoProのマウント&アクセサリー

GoPro 本体

本体がないと始まりませんよね。

ザ・ハンドラー(フロートグリップ)

水に浮く素材でできているので、水中で手放してしまっても紛失の可能性を減らすことができます。

マスクマウント

泳ぎながら撮影するなら水中マスクに取り付ける形がおすすめ。
マスク自体に取り付けられるタイプや後付できるタイプがあります。

ダイブフィルター

水深10m以上の場所、太陽の光が強く透明度の高い海で撮影する場合に、色補正をしてくれるフィルターです。

ダイブフィルターの推奨深度はありますか?
GoProのすべてのダイブフィルターは、4.5〜21.3m(15〜70フィート)の深度で性能を発揮します。性能は、明るさと水の状態に左右されます。異なる条件で使用するように設計された2色のフィルターがあります。

それぞれの色のダイブフィルターの推奨される使用方法は?
マゼンタ:マゼンタダイブフィルターは、淡水湖または海藻によって緑色に見える海水での使用に最適です
レッド:レッドダイブフィルターは、日当たりの良い熱帯地域で見られる青い海水や透明な淡水に最適です。

まとめ

水中撮影でおすすめな「GoPro」はいかがでしたでしょうか。
GoProは水中だけでなく、さまざまなアクティビティやイベントで使用できる機会があります。
GoPro専用のアクセサリーも豊富にありますので、一度自分に合う使い方を検討されてはいかがでしょうか。
※アクセサリーは型番によってはマッチしない場合もありますので、注意してご購入下さい。

GoProはレンタルショップで取り扱いもありますので、一度気軽に借りてみましょう。

関連 アクションカメラ「GoPro」のおすすめレンタルショップ3選!

普通のカメラで良いという方はこちらの記事がおすすめです。

関連 防水・水中カメラのレンタル店おすすめ4選!海で写真を撮ろう!

空撮も気になるという方はこちらの記事がおすすめです。

関連 ドローンのおすすめレンタルショップ5選!空撮をリーズナブルな価格で!

-ガジェット
-, , , ,

Copyright© カリルノ , 2017 All Rights Reserved.