ガジェット

トラックボールマウス「Digio2 Q」の購入レビュー

投稿日:

元々使用していたロジクールのトラックボールマウス「m570」のクリック部分の調子が悪くなってきたので、買い替えることに。

どうせなら別のトラックボールマウスも試してみようと比較・検討してみて今回は「Digio2 Q」を購入してみたのでレビューしてみたいと思います。

第一印象

正直、使用して一日目はかなり後悔しました。
ある程度購入前から分かってはいたのですが、ロジクールのものと違って手のひらの下部分(手首よりの部分)を支える部分がないので、どうしても少し長く使用していると手の重さで疲れてるような状態でした。

ただ、説明書をちゃんと見ると手の側面(小指側)をテーブルに置いて手を支えるといいと書いてあったのでそのようにしてみるとだいぶ楽になりました。

ただ、やはり長時間使うようならロジクール「m570」の方が疲れないように思います。

サイズ感

ロジクールの「m570」と比べるとかなり小ぶりになっているが、高さは「Digio2 Q」の方が高いので厚さが増すと持ち運びに不便と思う方はロジクールの方がいいと思います。

クリック音・スクロール音

通常のマウスのクリック音(カチ)やスクロール(カリカリ)は無音とまではいきませんが、静かな場所で使用しても気になるということはなさそうな音になっているので、外出先でも気兼ねなく使えそうです。

「前へ」「後へ」がMACには非対応

購入前から分かっていたので特に影響はありませんが、「前へ」「後へ」ボタンが必要でMAC使いの方は別のトラックボールマウスにしたほうがいいと思います。

速度を変えるボタン

スクロールの傍にあるボタンです。
最初は初期設定的に選ぶものだと思っていましたが、通常使いするときと細かい作業をする時で切り替えたりするのもいいようです。私は使っていませんが。

メーカー「ナカバヤシ」

ナカバヤシってメーカーは初めて聞いたので一応どういう会社か調べてみました。
文具や収納用品、その他etc。
ロジクールみたいなPC周辺機器を売ってる会社じゃないんですね。

まとめ

トラックボールマウス「Digio2 Q」の購入レビュー、いかがでしたでしょうか。
ロジクール「m570」の方が個人的な正直総合評価は高いです。
ただ、「Digio2 Q」も悪くはない。コンパクトなトラックボールマウスを使いたいという方は選択肢に入れてもいいかなと思います。

  • この記事を書いた人
カリルノ

カリルノ

ピッと気になるコトとモノを紹介しています。

-ガジェット
-

Copyright© カリルノ , 2019 All Rights Reserved.