ピッと気になるコトとモノをご紹介「カリルノ」

妊娠・出産

妊娠7ヶ月(24週・25週・26週・27週)の妊婦と胎児の様子と過ごし方

投稿日:2016-07-09 更新日:

妊娠7ヶ月とは、妊娠24週から27週までの28日間を指します。

つわりからも復活して、食欲がわく人も多いですが、今度はお腹が大きくなるので、圧迫感や動きづらさを感じる人も多いころです。

妊婦健診は2週間に1回になります。

妊娠24週:消化不良や胸焼けが気になる!胎児は元気に動き回る

ベビー

胎児の大きさ・体重

妊娠24週目の胎児は体長は約32cm、体重は550g~750gくらいです。

胎児の状態

妊娠24週目の胎児は脳が発達し、身体のコントロールが可能になり、羊水の中を動き回ります。
また、生まれてからの生活に対応するために、反射神経を鍛える練習をしています。

妊婦の様子・注意点

ホルモンの影響で腸の動きが弱まり、消化不良や胸焼けなどに悩まされるかもしれません。
消化に良い食事を小分けにして食べるようにすると良いでしょう。

妊娠25週:足がつりやすくなったり!胎児は呼吸の練習

妊婦

胎児の大きさ・体重

妊娠25週目の胎児は体長は約34cm、体重は650g~900gくらいです。

胎児の状態

鼻の穴が通るようになって息を吸い込めるようになり、呼吸の練習をはじめます。
目を開け閉じするような動きも見られます。

妊婦の様子・注意点

個人差はありますが、体調は比較的安定する時期になります。
ただ、お腹が大きくなること骨盤が緩み、その影響で歩き方が変化し、今まで使っていなかった部分に負担がかかり、足やふくらはぎがつりやすくなったりします。
また、女性ホルモンの影響で、体毛が濃くなることがありますが、ショックを受ける必要はありません。産後は徐々に薄くなっていきます。

妊娠26週:妊娠糖尿病に注意!バランスの良い食生活で予防

妊婦

胎児の大きさ・体重

妊娠26週目の胎児は体長は約36cm、体重は750~1,000gくらいです。

胎児の状態

妊娠26週目になると脳が成長することで、目や耳で得た情報を処理する脳波が出世時と近いものになります
この時期の胎児は、身体も急成長するので体重は個人差がでてきます。

妊婦の様子・注意点

妊娠中に分泌されるホルモンの影響で、血糖値が上がりやすくなる時期になります。
血糖値の基準を超えてしまうと「妊娠糖尿病」と診断されます。
普段から、糖質や塩分の取りすぎを控えるなど、バランスの良い食生活と適度な運動で妊娠糖尿病を予防しましょう。

妊娠27週:妊娠線の対策を!赤ちゃんは味が分かるように!

妊婦

胎児の大きさ・体重

妊娠27週目の胎児は体長は約38cm、体重は800~1,200gくらいです。

胎児の状態

脂肪はまだ体重の2~3%程度ですが、顔や身体がふっくらとしてきます。

また、この頃には味を感じるセンサーの役目をする「味蕾(みらい)」という舌の上と頬の内側にある部分が機能し始め、甘みや苦味を感じられるようになります。

妊婦の様子・注意点

妊娠27週以降は妊娠線が出来やすくなるので、クリームやオイルを使って予防していきましょう。

また、この頃は手足がむくみやすいことがあるので、むくみがひどい時は、マッサージをしたり、寝転がって足を上げたりをしてみましょう、

まとめ

妊娠7ヶ月の妊婦と胎児の様子と過ごし方は、いかがでしたでしょうか。

こちらの記事も参考にしてください。

-妊娠・出産
-, ,

Copyright© カリルノ , 2017 All Rights Reserved.