【1歳】卵アレルギーでも食べられるお菓子まとめ

投稿日:2018/03/14 更新日:

少しお菓子にも慣れてきた時期。

0歳からのものは少し飽きてきた子どももいるのでは?

離乳食も後期~完了期になり、アレルギーがありつつも子どもは成長し、食べられるのもの増えてきます。

そんな子どもに卵アレルギーを心配しなくても食べられるおすすめお菓子を紹介します。

実際に食べさせる前にご自身(親御さん)で内容物の確認、かかりつけのお医者さんへの確認などは怠らないようにして下さい。

1歳からのクッピーラムネ

7大アレルゲン不使用、着色料・香料不使用

イチゴとオレンジ味

1袋に小袋が15袋入っていて、持ち歩きに便利です。

口の中ですぐに溶けて、小粒なので食べさせやすいです。

おやつにしては少なめですが、乗り物時にぐずったときなどにおすすめです。

少し多めの5連タイプもあります。

1歳からのサッポロポテト

4連の小分けのものになります。

小麦は使っていますが、卵や牛乳などは不使用。

カルビーの商品です。

大人のものと違い、かなり薄味で野菜たっぷりです。

1袋8gですが、思ったより量はあるので、おやつ1食分としては満足してくれる量です。

1歳からのかっぱえびせん

サッポロポテトと同じgで同じシリーズです。

えびがたべられるようになったら、さっぽろポテトと同様におすすめです。

サッポロポテトもですが、こちらのおすすめポイントをもう一つあげると、大人用のものもあるので、兄弟がいる方は上の子は大人用、下の子は幼児用をあげることもできるので、一緒におやつを食べるときにもあげやすいです。

見た目もあまり違わないためおすすめです。

こどもスムージー・ジュレ

野菜や果汁が入った子ども向けのゼリー飲料です。

いらんなメーカーがあり、それぞれ使っているものが違うので、離乳食の進み具合によって選べると思います。

写真のスムージーは着色料、香料、保存料、砂糖も不使用で、常温保存も可能なので持ち運びも便利です。

他のお菓子に比べて、1個あたりの値段は高いですが、のどに詰まったりすることがない事と、水分を取るのが苦手な子どものおやつにぴったりなのが利点です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

0歳の時と比べて食べられるものも増える一方、好き嫌いなども出てくる年齢です。

安心、安全でなおかつ喜んで食べてくれるようなおやつが見つかるといいですね。

-出産・子育て

Copyright© カリルノ , 2018 All Rights Reserved.