みかんの調理法まとめ!大量にもらった場合の使い方

投稿日:

蜜柑は一番柑橘の中では、安定の甘さがあり皮も柔らかいです。
また洋食に使われたりと、料理にもしやすく、皮も苦みが少ないのでデザートもシンプルに使えます。

大量の消費もしやすいです。
一番簡単に大量の消費が出来るのはやはりジャムではないでしょうか?
定番の甘いジャムから、少し変わった胡椒が入ったジャムまで、色々おススメです。
ビンに詰めれば保存が良く、プレゼントとしても喜ばれます。

みかんの使い方まとめ

みかんジャムやピール

蜜柑と砂糖さえあれば、年中気軽に作れて、長期保存がききます。
綺麗に洗えば、皮まで使えて風味も◎
そのまま使うだけでなく、ケーキを作る時に入れたり、チョコに混ぜたりとスイーツ作りのアクセントとしても幅広く使えます。

■みかんジャム

■みかんピール

みかん胡椒

甘いのが苦手、辛いのは得意!という方にオススメです。
こちらも冷凍すれば長期保存可能です。
材料も乾燥の唐辛子で出来るので、簡単ですし、料理のレパートリーも増えると思います。
興味ある方は是非!

みかんケーキ

ケーキはみかんジャムを入れるものと生のみかんで作るもの、様々ですが、沢山あるなら是非生のみかんを使ってみましょう。
みかんを輪切りにしてみたり、見た目もとても華やかです。
風味も一段と良くて美味しいです。

みかん入り寒天

さっぱりしたデザートが好みの方は寒天ゼリーがオススメ。
こちらは小さなお子様にもオススメで、離乳食の中でもかなり早い段階で食べれるものになります。
柔らかくジューシーで、老若男女に愛されるスイーツです。

みかんジュースやソース

みかんはとても幅広く使える柑橘類で、とくに肉料理やサラダなどは洋食では定番になっています。
家でも簡単にみかんのソースがつくれますので、普段の食卓で大量消費が可能です。

まとめ

みかんの調理法まとめ、いかがでしたでしょうか。
これで大量にみかんがもらった時なども安心ですね!

-柑橘
-,

Copyright© カリルノ , 2018 All Rights Reserved.